カテゴリーをミニサイト化する話

最近ブログのカテゴリーの考え方も少しずつ変化しているようで、「書いた記事を分類するため」から「カテゴリーのミニサイト化」を模索するブロガーさんも増えているようです。

僕の運営サイトもブログではありませんが、同様にカテゴリーをミニサイト化しています。

今回はテーマを特化した情報サイトでのカテゴリーのミニサイト化について考えてみます。

スポンサーリンク

なぜカテゴリーをミニサイト化するのか

カテゴリーは「分類」を意味します。

同種のものをひとまとまりにすることで情報にたどり着きやすくすることが、サイト設計におけるカテゴリー分けの目的です。

ブログなどでは単に書いた記事を仕分けするためだけに使われますが、ユーザーのペルソナや使用シーンによっては、独立した体系に分けてカプセル化しまったほうが良い場合があります。

例えばわかりやすいのがレストラン予約サイト。

まず第一に分類しなければいけないのは地域です。

和食の店を探すつもりが途中で気が変わってイタリアンになるということはありますが、大阪で飲み会を企画していて新潟の店を探すということはありえないですよね。

こういった場合大阪のグルメ情報のみで体系化して、ナビゲーションを閉じてしまった方がユーザーにとって使いやすいのです。

育児や学習系サイトなども同様です。小学生の子供を持つ親御さんにとって中学生向けの情報は必要ありませんよね。

ユーザーがカテゴリーをまたいでページを移動することがない場合、ミニサイト化を考慮します。

「必要のないものを読ませないのもユーザビリティー」なのです。

もちろんこれらは別ドメインのミニサイトとして独立させることも可能ですが、小学生も時間が経てば中学生になりますし、大阪の人がたまたま新潟に出張になり地元の店を探すこともあるでしょう。

長期的なリピーター対策を考えると「同一サイト内でのミニサイト化」が落とし所になってきます。

カテゴリーをミニサイト化するメリット

ミニサイト化するメリットはユーザーの利便性以外に運営上のメリットもあります。

ブックマークや被リンクが付きやすい

ブログのカテゴリーページをブックマークしたりシェアすることは稀だと思いますが、ミニサイトのトップページは比較的マーキングされやすい傾向があります。

情報のまとまりが担保されることで「そこをマーキングする理由」が生まれるからです。

内部リンクが整理される

カテゴリーごとに独立したリンク構造になるため、関連性の高いキーワードで密度の高い内部リンクが構築されます。

内部リンクがどの程度SEOと関係あるかは知りませんが、自動生成された関連リンクよりは良い影響があるはずです。

新しいカテゴリー(ミニサイト)を追加したときの反応が早い

新規ドメインでミニサイトを作るより、サイトの大テーマに沿ったミニサイトをサイト内に追加するほうが早く結果が得られます。

共通の属性を持つユーザーが既に集まっていて目に止まりやすいからという理由に加え、SEO的な意味合いもありそうです。

ヘッダーまわりのデザインが大事

カテゴリーのミニサイト化に当たっては、特にヘッダーまわりのデザインが重要だと思います。

一般に「ヘッダーのロゴやタイトルをクリックするとトップページに戻る」という認識があります。

これを利用してヘッダーにカテゴリーページのリンクを設定します。


参考:超初心者のためのギター入門講座 | a-ki's factory

必要な時にサイトトップへも戻れるよう、目立たず忘れずトップページリンクも添えておきます。

サイト全体で共通するヘッダーとフッター、カテゴリーごとに共通するヘッダーとサイドバーを持たせることで、構造的には一つのサイトでありながらそれぞれのカテゴリーをサイトとして認識させることができます。

ポータルサイトを目指す

長い時間をかけて大規模化していくサイトを見ていると、このようにサイト全体がミニサイトの複合体になっているものが多々あります。

小さなテーマのミニサイトでユーザーを囲い込み、サイト全体はポータルサイトとしてスケールアップしていく。

ベストな方法かどうかはわかりませんが、これが僕が実践している情報サイトの成長法です。

【追記】サイロ構造

このようにカテゴリーをカプセル化し独立した体系を保つサイトを「サイロ構造(Silo structure)」と呼ぶと教えていただきました。
日本ではあまり聞き慣れませんが海外のSEO情報サイトでは一般的に使われる用語のようです。
「サイロ」とは海外の大規模農場で見られる家畜飼料・穀物などの貯蔵庫のことで、その形状がまさに独立したカテゴリーをイメージさせます。
サイロのイメージ図
参考: